イOメンのつくばブログ

自由に生きてるお父さんの日記。つくばと育児の話メインですがいろんなことを書きます。

分譲地には同じような外観の家が並ぶ?

と思っていましたが、それは間違いでした。なぜそう思っていたかというと、建売分譲と混同していたからです。

こういうのですね。

f:id:xianzhi:20170426223637j:plain


建売分譲だと、同じ区画にある家はだいたい近い仕様になっています。間取りや資材をできるだけそろえて設計コストや資材コストを抑えるためなんですが、そうすると必然的に同じような外観の家が並ぶことになります。その区画を見て、私は「分譲地は同じような家が並ぶんだなあ。」と思っていたのです。

私が案内してもらった分譲地のように、土地のみの販売であれば、間取りや外壁材は客が決めます。よって客がみんなで示し合わせない限り同じような家は建ちません。


・・・ただですね。土地のみ販売の分譲地でも、「近くに同じ家が建った」くらいのことは充分ありえます。区画一帯が一社のみの建築条件付き(土地とハウスメーカーが抱き合わせになってるやつ)で、その一社があまり外観のバリエーションを持っていないとか、どうにでもなるんだけど現実はみんなが同じものを選んでいる、といった場合はそうなる可能性が高いと思います。

建築条件が一社のみだった場合は、メーカーの特徴、特に外壁についてよく調べておきたいところです。分譲地で建てようとすると敷地のキャパ上、建物の形状はだいたい総二階かそれに近いものになるので、外壁が外観の違いをつくる大きな要素になります。外壁のバリエーションが少ないとかぶりがちになるでしょう。


まあ、そもそも似ることが悪いわけではないんですけどね。建物をそろえたほうが区画一帯の統一感は出ますから、全体を見ればそっちのほうが美しいと思いますし。あくまで好みの問題ですけども。


ちなみに建築条件付きについてですが、抱き合わせのハウスメーカーは一社の場合もあれば数社から選べる場合もあります。場所によっては交渉で解除してもらえることもあるようです。
建築条件が一社の場合、土地と建物を同じ会社に任せられるメリットと、できあがった図面と見積書について他社と比較できないデメリットがあります。