イOメンのつくばブログ

自由に生きてるお父さんの日記。つくばと育児の話メインですがいろんなことを書きます。

一条工務店の展示場でQ値とC値を知る

気を取り直して次は一条工務店です。聞き慣れない名前ですが、住宅に関心を持てばいくらでも見かけることになるくらい、業界では非常に有名なメーカーのようです。

対応してくれたのは若い兄ちゃんでした。

話してくれた特徴をざっくり書くと、
・住宅性能は国内屈指。
・性能を活かした全館床暖房を導入すれば、家の中は一年中暖かい。
・とがった感じの外観のシリーズもあれば、かわいい外観のシリーズもある。
・実は国内でも幅広く展開している。
・宣伝に金をかけるなら建物の品質にかけるという方針のため、知名度は低い。


「性能」というと乱暴ですけど、とりあえずこのブログでは断熱性と気密性のことを「性能」と呼ぶことにします。
建物内部の熱を逃がさないのが断熱性。外部の空気の流入と、内部の空気の流出を防ぐのが気密性。
という認識でとりあえず問題ないと思います。たぶん。

たとえば真冬の場合、高性能の家ならば部屋を温めたあと冷めづらいし、隙間から外の冷気が入ってきたり温めた熱が逃げることもない。ということです。


で、営業さんは、断熱性にはQ値、気密性にはC値という指標があることを教えてくれました。なるほど。どのメーカーも「うちは夏涼しく冬暖かいですよ」とは言うでしょう。それについては詳細を聞くよりも、数値を教えてもらったほうが早いということですね。


一条工務店はその数値を良くするために部材にもこだわっているそうです。そのひとつに断熱材。大手メーカーが主に使っているのは綿状の繊維を袋詰めにしたグラスウールというもの。それに対して、ここは板状のロックウールというものを使うんだそうです。板状だからグラスウールのようにずれたり綿が落ちる心配がないのだとか。


というわけで、当社は見た目は地味だが、壁の中にはこだわっている。そこにコストをかけている。見た目の豪華さよりも住みやすさを重視するならぜひ検討してほしい。というのが説明の主な内容でした。

地味だけどハイスペックだなんて何だか惹かれますねぇ。


兄ちゃん「見積書を見て、高いって思うと思います。でもそれは、住みやすい家をつくためにお金がかかっているからなんです。」


やっぱり高いのね・・・


この営業さんがくれたカタログには、ベーシックなシリーズのほかに
i-cube:何かと制限があるが、高いコスパと業界最高レベルの住宅性能を誇る。

i-smart:シックなデザイン。TOTO製のハイドロテクトタイルがかっこよく高品質。住宅性能も非常に高い。

ブリアール:かわいらしいデザイン。住宅性能はオプション次第?

というシリーズがありました。カタログを見ると標準仕様のコスパの高さも魅力のひとつのようです。もらった中に標準仕様集もあり、表紙に「これらはすべて標準仕様です」という文がドーンと書かれてました。自信がうかがえます。


営業さんは若いけど(むしろ今どきの子だからかも。)グイグイくる感じではなくて、積水ハウスで疲れてただけに安心して話ができました。


ひとまず候補の一つとして考えることに。


一条工務店を見たことで、どこのメーカーに行っても「この会社のQ値C値ってどんなもんなんだろう」「断熱材は何を使っているんだろう」と気にするようになりました。そして気密断熱を上げる方法について自分なりに考えていくきっかけになりました。