イOメンのつくばブログ

自由に生きてるお父さんの日記。つくばと育児の話メインですがいろんなことを書きます。

宇宙戦隊キュウレンジャー 第21話「さらば、スコルピオ!アルゴ船、復活の時!」

親の宿命。日曜朝は宇宙戦隊キュウレンジャーの時間です。

先週までのあらすじ。
スティンガーはスコルピオを倒すため、秘術を使って自分自身を強化した。しかしそれでも勝つことはできず、逆にスコルピオの毒によりゾンビ化してしまう。ゾンビ化したスティンガーはラッキーと小太郎を苦しめるが、小太郎の決死の飛び込みにより、ついに解毒された。そして仲間とともにスコルピオに再度立ち向かう。


ここから今週の話になります。

優勢で戦いを進めるオレンジ、レッド、スカイブルーの3人。
しかしスコルピオはついに本気モードとなり、形勢を押し返してきました。スティンガーは秘術による自身の限界に気づき始めます。

本気モードのスコルピオの攻撃を受けきれず、苦戦する3人。勝敗はタイトルでわかってるんだけど、このままでは勝てない・・・そのとき、斧が飛んできて彼らを援護しました。振り返った彼らの視線の先には・・・

チャンプ!


「待たせたな」

今にも泣きそうなスティンガー。チャンプだけでなく彼も救われたことでしょう。


再開の軽いやりとりを済ませ、今度は4人で戦うことに。スティンガーはオウシキュータマをチャンプに返しました。

「行くぞ、相棒。」

そう言ったのは、チャンプではなく、スティンガー。


そのころリュウテイオーは敵を無事撃破。こちらは戦闘終了しました。


スコルピオとの戦いは優勢に進めていましたが、途中からスティンガーとスコルピオの一騎討ちに移ります。

互いに譲らない勝負でしたが、スティンガーは秘術の反動によるダメージに苦しみ、その隙に槍を飛ばされてしまいました。とどめに迫るスコルピオの槍・・・そこにまたもチャンプの斧が飛んできて、スティンガーのもとへおさまります!

「いけ!相棒!」

斧で攻撃を受け止め、すぐさま反撃!

勝負あり!


倒れる兄のもとへ駆け寄るスティンガー。

「強くなったな・・・。」

息絶えそうなスコルピオ。


「守るものを手に入れたから強くなれた。昔の兄貴みたいに。」


「俺は守るべきものを捨て強さに魅入られた。」

「・・・スティンガー。とどめを刺してくれ。」


しかしスティンガーは再び秘術のダメージで苦しみます。死が近い・・・。スコルピオは針でスティンガーを刺し、秘術をの力を吸い取りました。するとスティンガーの顔から秘術の反応が消えていきます。


「死ぬのは俺だけでいい・・・」

そしてスティンガーにホキュータマとリュウコツキュータマを手渡しました。


そこに、スコルピオを見切ったドン・アルマゲが映像にて登場。キュウレンジャーたちの前には初お目見えですね。アルマゲはマーダッコに命じ、地球上のモライマーズを一斉に軌道しました。そしてキュウレンジャーたちには巨大なエネルギーを撃ち込んできます。

スコルピオは立ち上がり、そのエネルギーを受け止めました。彼が時間を稼いでいる間にスティンガーたちは逃げきります。

「最後にお前を守れてよかった。」

そしてエネルギーの藻屑と消え・・・
ここにスコルピオとの決着がつきました。


しかし落ち着くのはまだ先です。これからモライマーズを破壊しなければ。それにここまで放送10分くらいしかかかってない!


場面は逃げのびた先へ。
緊急事態ではありますが、スティンガーはまだ心の整理がついていない様子。

ラッキーがオリオン号に連絡をとろうとすると、何と敵の襲撃を受けているという連絡が入ります。

急ぎ、司令とスパーダとハミィちゃんは救援に。
ラッキー、小太郎、チャンプ、スティンガーはチキュウに残り、アルゴ船をよみがえらせるようラッキーが指示を出します。
指示を出すのは司令の仕事ではないのかねw


3つのキュータマは反応しあって、ひとつのキュータマとなりました。

ブラスターで起動すると船が出現。ついに乗船します。


船の中は廃墟のようなものでした。歩いていくと、奥のカプセルの中に何かが封印されていることに気づきます。慎重になるチャンプをよそに、さっさと起動するラッキーと小太郎。中から出てきたのは・・・人間?


「伝説が始まる。」


・・・と言ったきり、この出てきた人間、とにかく斬りかかってきます。

自分たちは宇宙を救うキュウレンジャーだと言いますがどうにも話が通じないので変身。そこでようやくわかったもらったようでした。そして彼はチキュウ生まれのチキュウ育ち、「オオトリ・ツルギ」だと名乗ります。キャプテン翼みたいですね。


彼の話によると、アルゴ船に力なんてなくて、アルゴ船の復活イコール、オオトリ・ツルギの復活。それがドン・アルマゲを倒す鍵になる。ということだそうです。てことは志半ばで死んだスコルピオは、もし自力で3つそろえることができてもこのツルギさんを復活させただけだったのね・・・


外がやばいことになっているので話もそこそこに。ツルギがホウオウキュータマというやつで変身しました。


一方、司令たちは敵を殲滅。無事オリオン号を救います。オリオン号に状況を確認すると、ラプターからチキュウにもう一人キュウレンジャーがいることを伝えられます。

「むちゃくちゃですが、強いです。」


何だか初登場なだけあってアホみたいに強いです。一人で空高く翔び、剣一本でモライマーズを次々に破壊していってます。結局一人でビッグモライマーズも斬り捨ててしまいました。

それによりチキュウ上のモライマーズが機能停止。チキュウの危機は救われたのです。着陸後はマーダッコをぶった斬り戦闘終了。

もうお前とフタゴキュータマのラッキーだけで宇宙救えよ。

その後はラッキーたちと行動を共にすることはなく、いなくなってしまいました。



場面は変わり、落ち着きを取り戻したチキュウ。スティンガーは一人、兄の墓をつくっていました。

「俺は生きる。宇宙を守るために。」


もともと司令に言わせれば仲間になる前は「無茶」をしていたスティンガー。仲間になってからもそういうフシがありましたが、もう自分の命を粗末に扱うことはないでしょう。
そしてオリオン号に戻ると、みんなに迷惑をかけたことを謝りました。しっかりと頭を下げて。これで本当に一員になったような気がします。


今週はここまで!