イOメンのマイブームブログ

自由に生きてるお父さんの日記。つくばと育児の話メインですがいろんなことを書きます。

積水ハウスのモデルハウスを見た

展示場巡りのスタートはここから。「家に~帰れば~♪」のCMでおなじみのハウスメーカー。展示場をまわるなら最初はここにしようと決めていました。


展示場には木造と鉄骨それぞれのモデルハウスがあったので、とりあえず木造から。おそるおそる玄関に入ると若いお姉さんが出てきました。

中を見たいと話すと、

「アンケート用紙に記入をお願いします」

とのこと。結構項目ありました。だいたいが選択式で、予算とか希望の坪数とか、今の家賃とか、建てた家でどういう過ごし方をしたいかという質問でした。驚いたのは勤め先や年収の項目まであることです。初訪問の人間にそんなディープなこと聞くのか!そこはとりあえず未記入で。

モデルハウスの中は豪華すぎて参考になりませんでした。営業さんがおらず姉ちゃんが案内してくれたんですが、最低限の説明でした。


次は鉄骨です。出てきたのは大ベテランの風格漂うナイスミドル。まずはさっきと同様にアンケート記入です。モデルハウスはまたも豪華でしたが、今度はひとつひとつ説明してくれました。

一通り見たらテーブルでお話。


ナイスミドル「アンケートを拝見したんですが、ご予算が2000万。」

私「総額2500万くらいで考えてて、土地が500万くらい、建物が2000万くらいかな~?・・・って。」

ナイスミドル「坪数はどれくらいでお考えですか?」

私「30坪くらいあれば。」

といった感じでヒアリングが続きます。こっちは知識ゼロなもんですから、変な回答をしていないか心配しながら答えてました。


ナイスミドル「この展示場を見ていかがですか?」

私「まあ、豪邸だなとw」


営業さんも、まあそう思いますよねって反応。「モデルハウスはあくまで技術とセンスを見せるためのもので、一般的な家ではない」そうです。


「分譲地にあるモデルハウスを見ませんか?そちらは参考になる間取りなので。」


おおっ


しかし大丈夫だろうか。家を建てた先輩から「一度会うと頻繁に電話がくるようになるよ」と聞いていて、初日にしてそうなっちゃうのかなと、それがちょっと心配だったり。


でも動かないと始まらないね!
というわけで来週案内してもらうことにしました。